自宅で簡単な日曜大工

単刀直入で聞きますが自分が住んでいる家はどんな状態か気にしながら住んでいるでしょうか。家は当然ですが年数を重ねるごとに様々な箇所が傷んできます。新築で間もない頃は不具合は出ないので気にせずにいられますが、10年~20年経つと家の傷みが目立ってきます。例えば、内装の壁紙が変色して汚くなったり、壁にキズや穴が開いたりします。内装だけでなく外壁も年数を重ねるごとに劣化して変色を最初に耐久性が落ちて雨漏りや木材の腐食の原因に繋がります。そうなってくると、業者に依頼して補修をすることになります。しかし、中には自分で日曜大工による補修をする人もいて先ほどの説明内容であれば、状態にもよりますが素人でも日曜大工で補修することができます。まず、内装では壁に穴が開いた場合は穴を広げて木材の骨組みに合わせてむき出しにします。その次に壁を補修するための下地を用意して骨組みに貼り付けます。最後に壁紙を張って補修が完了です。壁紙の張替えは張替えをする範囲に合わせて壁紙を切って接着剤で貼り付ければ簡単に補修が終わります。続きまして、外壁についてですが外壁には塗装とコーキングによる補修があります。塗装は耐久性を保つ役目があり、コーキングには雨漏り防止の役目があります。しかし、外壁に関しては1階の部分の補修に限ります。2階以上の補修に関しては業者の依頼をお勧めします。