今、流行りのリノベーションで、夢の住まいを手に入れよう

マイホームは、一生で一番大きな買い物です。何と言っても夢のマイホームです。近年では、住宅ローンの金利も低水準をキープしており利用しやすい状況です。最近はネットオンリーの住宅ローン会社なども登場して、便利に時間も費用もかけずに利用できます。しかし、いくら住宅ローンも住宅など安くなっていると言えども、庶民には、チョットお高い買い物です。そこで、自分の理想に近い、かつ費用も庶民にありがたい物と言えば、中古物件です。現に、最近中古マンションは、人気があるようです。特に、立地条件が良いマンションは、中古マンションでも人気が高いのです。また、マンションは非常に建築技術が進歩して寿命が長くなっています。本当にうれしい限りです。そのマンションを購入して、リフォームではなく、リノベーションする方も多いようです。どこが違うのかと思われる方も、おられるかもしれません。
リフォームは、元ある形に戻すようにします。しかし、リノベーションは、元あるものとは、全く違うものに生まれ変わるような形にします。
なので、断然リノベーションの方が時間はかかります。実際に、中古物件を購入して、住むまでにかなり時間がかかります。また、結構工事が難しいらしく、どこの業者でもいいと言うわけでは無いようです。
基礎以外の部分を大きくはがしたり取り除いたりと、非常に大掛かりな工事になるようです。その為、間取りから全て変わるようです。確かに、中古の新注文住宅という感じかもしれません。
でも、外国では、新築ばかりが売れる日本とは大きく異なり、中古マンションなどの需要は非常に高く経済的で有効活用がされているようです。しかし、日本もそのような考え直す時代がやってきているのかもしれません。
空き家問題も多いのは、新築好きの日本人特有の問題かもしれませんね。