デザイナーズ中古物件を購入するのか。

不動産屋との物件訪問を終え、ひとまず家族会議をしようと、訪問地の近くの居酒屋へ行きました。
主人は、お気に入りのデザイナーズ中古物件に出会い、興奮気味です。「もう決めた!この家を買おう!」と一点張りです。
私は、まだ現地訪問一日目だし、デザイナーズ住宅は住みずらそうだし、出来たら新築がいいし…など気が進みません。
結局、平行線を辿ったまま、自宅に帰り、次の週末に、今度はメジャーなども持って万全にして、もう一度その物件を訪れることにしました。
一週間、私はインターネットで、デザイナーズ住宅事情や、ローンのこと、土地購入のこと、などを調べまくる日々でした。
そして、二回目の訪問日。主人は楽しみで仕方がない様子。
先日訪れたデザイナーズ中古物件に到着しました。持ってきたメジャーを持って、今家にある家具の配置を確認していきます。何とか配置できそうです。
しばらくして、隣の住居に住むご年配のご夫婦が通り過ぎました。手を繋ぎ、とても穏やかな笑顔で挨拶をしてくれます。なんて素敵な老夫婦。
このことをきっかけに、私は急に未来のイメージが湧いてきたのです。こんな夫婦になりたい!と強く感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − 10 =