主人と私で、理想の家が違うことが発覚。

マイホーム作りの第一候補地が世田谷区に決まり、次は世田谷区のどのあたりにするのか、夫婦会議です。
第一条件の、「緑が多いこと」を一番に、購入可能金額や利便性などを考慮すると、小田急線沿線が良いんじゃないか、ということになりました。
毎日毎日ネット検索を行い、お互いに気に入った物件をプレゼンしあう日々。私と主人で、好みの違いがあることが徐々に発覚しました。
私は、いかにも不動産屋のコマーシャルに出てきそうな、整然とした、機能的な家が理想。主人は、ちょっと変わったデザインの、これってどうやって住むの?というような家が理想とのこと。
ネットだけでは、平行線をたどるだけなので、実際に見に行こう!ということになり、世田谷区に強い、地域密着型の不動産屋に行ってみることにしました。
緊張しながら電話をかけてみると、とても親身な対応。すっかり安心した私は、次の週末に、夫婦で訪問する約束をしました。
ついに、現地での物件探しが始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + 5 =