燐家の境界で大失敗!?

現在一戸建てに住んでいます。一戸建ては自分たち家族の城という印象があります。アパートはどこまでいっても他人の不動産ですからやはり暮らしていると気をつかいます。お隣の部屋にも物音という点では凄く気を使ってくらしていたのです。しかし一軒家だと燐家とかなりくっ付いていない限り、アパートほど物音に気をつかう必要はないです。とても気楽に暮らせると思っていたのです。しかし、一軒家には一軒家の困りごとがあるものです。
困りごと、それは土地の境界線です。
お隣の家とは低いブロック塀で仕切られています。しかし経年によりブロック塀が倒れてきてしまい、土地の境界線があやふやになってしまったのです。おかげで測量士に土地を計測し直してもらうことになり、測量だけで40万円以上かかってびっくりです。一軒家はよいものだと気楽に考えていましたが、アパートの場合は土地は大家が管理してくれますから心配いらなかったことに対し一軒家は土地トラブルも自分で解決しなければならないので大変です。どうして塀をそのままにしておいたのかなと今でも悔やんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × three =